おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水無月

水無月
6月30日は、1年のちょうど折り返しの日。

この日に行われる、
『夏越の祓(なごしのはらえ)』という神事があります。
半年の罪や穢れを祓い、
残りの半年の無病息災を祈るのです。

その日に食べられるのが
『水無月(みなづき)』という和菓子。
小豆の赤は、邪気を祓うとされ、
三角のかたちは、氷を表しているそうです。

京都ではこの日に欠かせないお菓子。
東京でもこの4~5日限定ででています。

厄払いはしとかなきゃ(?!)
とらやの水無月、(ちょっと早いですが・・)
ういろう生地も、白と黒で材料も違うようです。
おいしく食べて厄払い。

もう今年も半分経ったのですね。。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/28(日) 08:20:09|
  2. こんなお菓子みつけました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ういろうで『夏の袖』、つくりました

梅雨明けをまちながら・・夏をおもいつつ、
みんなで夏らしいお菓子をつくりました。

今回は ういろう。
その歯切れのいい食感に仕上げるには、
生地をよく加熱し、よく混ぜ、
ねり
しっかり揉みこみ揉みこみ、
ぎゅ。
もみこみ
今回は出来上がっていく行程も楽しいのです。
色のたまをつくり、
色のたま
伸ばした生地にぽつぽつ置いて、
たまおく
またまた伸ばすと、
のばす
こんな水玉柄に♪
きりだし
お菓子分を切って黄身餡を巻き、
のこりの生地でも・・
お花がたくさんできました。
型ぬき
乙女心を・・・
RIMG5481.jpg
ラッピングは、涼しげに。
今日のお菓子のイメージで。
RIMG5457.jpg
RIMG5456.jpg
みなさんの、並べてみました。
‘おもたせ’ したくなりますね♪
包装1包装2
RIMG5535.jpg

試食は水だし緑茶と一緒に。
RIMG5460.jpg
アレンジの生八つ橋風ういろうは、
アイスを巻いてひと口サイズ。
RIMG5461.jpg
さらにお手軽に楽しめそうです。

今日も
ありがとうございました~♪
あじさい (2)
  1. 2009/06/27(土) 22:01:35|
  2. これまでの教室のようす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゃぼんだま

RIMG5465.jpg
ふわふわとした水玉柄の包装に、
しゃぼんだま という名前、
あけるのが楽しみでした。

あけると、
きらきら光る真っ白な羊羹。

ひと切れ切りだすと、
まあ♪
RIMG5469.jpg
そして
RIMG5468.jpg
かわいいお菓子です。
  1. 2009/06/25(木) 10:38:34|
  2. こんなお菓子みつけました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅 その後・・

RIMG5239.jpg
    梅酒の会で仕込んだ、
     梅シロップと梅酒。
       10日経ち・・
          ↓
RIMG5359.jpg
シロップはもう少し。カリカリ梅も楽しみ。
梅酒はほんのり赤くなり、まだまだこれから。。

みなさんはどうなったかなぁ。。
  1. 2009/06/19(金) 10:50:47|
  2. 季節しごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラに包まれ・・

ばら
袋のなかには、薔薇の花がいっぱい!
花の色も、すがたも、葉も、いろいろ・・・です。
と~ってもいい香りが広がります。

香りがいという、朝の収穫のために、
早起きされて、せっせと収穫、
届けられた貴重なバラたち。

今回はジャム作り。
花びらだけをつかいます。
わぁ、きれい~ いい香り・・・
 RIMG5368.jpg
花によって香りも違うので、ひとつひとつ、
香りを全部すいこんでしまいそうなくらい・・・香りながら、
花びらむしり。
ほんと、きれい・・・
 はなびら
とっても幸せな作業でした。。
深紅のジャムができました。
 ばらー

  1. 2009/06/18(木) 23:31:46|
  2. いろいろ研究中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏のランチは

カレー
グリーンカレーは鍋ごはんで。
ライムが効いてるワカモレ。
夏らしいメニューに、なぜか栗デザート。
  1. 2009/06/18(木) 17:11:43|
  2. 今日のらんち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【6月お教室】ういろうで夏のお菓子をつくりましょう

初めての方も簡単!たのしく和菓子作り  
 6月『ういろうで夏のお菓子をつくりましょう♪』
 
   ういろう

 外郎(ういろう)は、米の粉に砂糖を加え蒸しあげるお菓子。
 名古屋などの竿ものを思い浮かべますが、
 歯切れよい食感で、かたちづくりやすい生地は
 上生菓子にもつかわれます。

 今回は、涼しげな浴衣の袖を想った
 ‘夏の袖’をつくってみましょう♪ 

 色の生地を重ねて、たたんでのして・・
 つくる過程もたのしく、
 出来上がりがうれしいお菓子です。 

 楽しい和菓子作り、ご一緒しましょう。
     
 ●日時:6/25(木)10:30~12:30 定員になりました
      6/27(土)10:30~12:30
 定員になりました    
      7/2(木)10:30~12:30 定員になりました 
     (15分前から入室いただけます)
 ●内容:デモと実習、お茶タイムでご試食 
  ・おひとり4個をつくります。 
  ・おつくりいただいたお菓子はお持ち帰りいただけます。
 ●場所:大田区 (田園調布駅より徒歩8分ほど)
   お申し込みの方に地図をお送りします。
 ●人数:4人  
   定員になりましたら締め切らせていただきます。
 ●参加費:3000円(レシピ、材料、試食、お茶代を含みます)
   当日お持ちください。
 ●おしえるひと:いしかわ室長 
   十数年前に専門学校で日本料理を修了後、料理や和菓子研究家のもとで経験をつみ、
   その後も、自分らしく、簡単ですてきな、お料理やお菓子を研究しつづける。
 ●持ち物:エプロン、手ふき、筆記用具、お菓子を入れる袋
 ●お申込み:メールにてお申し込みください。(完全予約制)
   おもたせ菓子研究室 ⇒ omotase@nifmail.jp  
   ご希望日、お名前、参加人数、ご連絡先をお知らせください。

 ★お申し込み後、もしご都合が悪くなられた場合は、おわかり次第ご連絡ください。
  準備の都合上、開催日の3日前より参加費をいただきます、ご了承ください。
  1. 2009/06/13(土) 01:03:38|
  2. ★イベントのご案内★
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぜりぃ と 梅雨

RIMG4534.gif
梅雨ですね。
果実のぜりぃは、
乾燥させて仕上げるのですが、
この時期、どうしても乾かないのです。

なので、自然に従い、
梅雨が明けるころまでお休み、します。。

その間、旬の果実をせっせとピューレにしています。
あんず、青梅、夏ミカン、瀬戸田れもん、とまと・・・
RIMG5015.jpg
お楽しみに~♪
  1. 2009/06/13(土) 00:28:28|
  2. □果実のぜりぃ□旬の果実からつくっています
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もちよりランチ

RIMG5302.jpg
鶏も、豆も、野菜もた~っぷりのミネストローネ、
自家製オイルサーディンと野菜たち、焼きたてバゲット、
ちょっとそこいらのカフェよりいいランチじゃないの~、と。。。
デザートは和菓子、ですが・・
  1. 2009/06/11(木) 17:34:59|
  2. 今日のらんち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり あんこの誘惑には・・・

RIMG5307.jpg
合羽橋からさまよい(?!)あるいて、
たどり着いたは 浅草。

これはお土産を買わねばならぬと、
「有名特製」とあった、亀十のどらやき。

ふわっふわしっとりの皮は洋菓子のよう。
あんこもたっぷり。

やはりこういうおやつはおいしい。
  1. 2009/06/11(木) 14:48:48|
  2. こんなお菓子みつけました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。