おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

紅南高 と パープルクイーン

3度目の梅です。
今回は農家さんのご自慢の梅、とのこと。
箱を開けようとすると ふわ~っ・・といい香りに思わずにんまり。
3度目の梅箱
今回は2種、どちらも、こちらでは見かけたことのない、
とてもめすらしい梅たちです。

『紅南高(べになんこう)』は、
太陽を浴びたところが真っ赤に色づき、
まるで林檎のような、なんともかわいい、大ぶりの梅。
梅酒には最高だそうです。
⇒品種名ではなく、
 南高梅の、紅がさしている部分が果面の1/3以上のものをいうそうです。
紅南高

紅南高 (2)
かわいい・・・

『パープルクイーン』は、
農家さんが、ずっと前からお話されていた珍しもの。
色も大きさも葡萄のようで、ほんとにいい香りです。
生産者ページ
パープルクイーン
梅酒にすると液が赤く色づくそうです。
これはとっても水分が多いようです。袋にいれるとすぐにくもってしまいます。

さてさて、この梅たちは何にしましょう。
おすすめの梅酒のほかにも、
やはりお菓子にいたしましょう。
とりわけて、しばらく追熟させておきましょう。


スポンサーサイト
  1. 2008/06/04(水) 14:07:44|
  2. 季節しごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<季節菓子 「青梅」 「紅南高」 | ホーム | 梅しごと 梅ジャム作り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omotase3.blog50.fc2.com/tb.php/10-643ffa04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)