おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

青梅!

和歌山の農家さんより今年はじめての梅、
どーんと届きました!
梅届く
昨年、ぜりぃにしたのがと~ってもおいしくて、
私たちのなかでは、いちばん☆ だったので、
今年も梅の季節を心待ちにしていました。

たくさん作りたいので・・と、
送っていただいたのは18キロ!
1日ジャム作りにあけて、覚悟の梅しごとです。

『飴、なめながらがんばって』と入れていただいた、
和歌山特産 じゃばら の飴、微笑ましい・・
じゃばらあめ

葉っぱ梅
葉付きの梅にも癒されながら、
まずはヘタとり。
ヘタとり
小さい青梅だと、容易な仕事ではありません。
1箱終わったのが3時間後、飴消費量も・・・

そして、ゆでこぼしゆでこぼし、
鍋フル回転、何十回ゆでこぼしただろ。
ゆでこぼし
その次は、種をとり、うらごし~。
種をとるのも、濾すのも、量が量だけに、
三人がかりでも、なかなかの作業。
おいしいぜりぃを思い浮かべながら・・
梅ジャム
そして煮込んで、つぎ、煮込んで、、

すべて終了したときは、日付も変わり・・
出来上がり写真も忘れました~

☆ 果実のぜりぃ、『青梅』できました!☆ 
      ぜひ、ご賞味ください。

 RIMG4953.jpg


スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 09:37:17|
  2. 季節しごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【季節しごと教室】紀州田本さんの紅南高で梅酒をつくりましょう♪ | ホーム | ばら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omotase3.blog50.fc2.com/tb.php/144-ed52c044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)