おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

‘わらびもち’をつくりましょう 和菓子教室 開催しました

さわやかな快晴!です。
今回は4名様にご参加いただきました。
教室の様子をご紹介いたします。

 ●まずは、作り方デモをひととおり見ていただきます。
 材料のはなしや、作り方のポイントも順を追って。
 「本わらび粉と、わらび餅粉の違いは・・・」
 デモのようす

 ●次は実習です。
 今回は生地つくりまでは二人一組。
 だんだん変わっていく状態を確かめながら。
 実習

 ●包餡(ほうあん)です。
 実際生地をさわってみると、きもちいいのです。
 みなさん、なんともうれしそう。
 実習 (3)

 ●今回は、おひとり4個ずつ作りおもちかえりいただきます。
 それぞれ表情があり、かわいいわらびもちたち。
 みなさん和菓子作りは初めてとは思えないできあがり。
 RIMG2362.gif

 ●試食には、手作りならでは、できたてのわらびもち。
 アレンジ 杏わらびもち と いろいろなきな粉 もお味見。
 試食
 
 ●さいごに、
 せっかくつくったわらびもち ですから、
 どなたかに召し上がっていただきたい、ですね。
 贈る、ための包装ご提案につづき、それぞれ包む、結ぶ・・
 大事にお持ち帰りください。
 包装実習

 包装

贈った方も喜んでいただけますように。
ありがとうございました。
 ライラックとわらびもち

 


 
 
 

スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 21:09:45|
  2. これまでの教室のようす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<和歌山より 梅 とどく | ホーム | 紫色のお花たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omotase3.blog50.fc2.com/tb.php/2-1ce353ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。