おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

練りきり で きんとん をつくりました♪

今月のお教室は、
季節ごとの上生菓子を表現するのに欠かせない、
きんとん、をつくりました♪

きんとんこし。
素材や、網目の大きさによって
いろいろな表情をみせます。
きいとんこし
火取った餡と求肥を練ってつくった
ねりきり生地に色づけし、
いろづけ
こし出して、そぼろをつくります。
こしだし

今日は、中餡に、
生栗で作った餡と、小豆あんのねりきり。
栗をかたちづくります。ずらり。
栗粒
ここからは、
みなさま 息をひそめて・・
そぼろつけ
お大事な感じで・・
そぼろ付け
きんとんは、
動きのあるそぼろが、
同じものは2つとできず、
それぞれの方の味がでておもしろい、のです。

いいですね~
できあがり
こちらは、
いろいろな大きさのそぼろで。
それぞれ食感が変わり、
味の感じ方も違う、はず。
いろいろいが
今日は、栗に合わせたい、
竹皮のかごにをご用意しました。

栗の葉も使ってラッピング中~
包装中
やはり、自然素材はそれだけでいいですね、すてき。
包装1包装2

ご試食は、お抹茶と。
試食
3種の餡を使った贅沢なお味。
ねりきりの印象も変わったのではないでしょうか。。

和菓子は、
季節感があり、素材や、手法、など
すこし触れてみると、おもしろいのです。

今回も、ご参加ありがとうございました。

りんどうコスモス
りんどう  コスモス

スポンサーサイト
  1. 2011/10/07(金) 23:53:55|
  2. これまでの教室のようす
  3. | コメント:0
<<秋のばりぼりさん | ホーム | たまには・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。