おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きみしぐれをつくりました

3月のお教室では、
きみしぐれ をつくりました。

今回は和菓子ならではの道具をいくつか使います。
まずはご紹介。
道具
きみしぐれは、卵の黄身が入って
独特の食感、風味、そして春らしい色になります。
黄身をあわせる
生地の加熱具合が今回のポイントのひとつ。
生地がまとまったらこし出し、
こしだし
包餡は、
木型にそぼろを詰めていきます。
そぼろつめ
みなさん、すぐにコツをつかんで
まあ、美しい。。
できあがり
どんなお皿でも相性がいいお菓子なので、
今回はいろんなお皿で召し上がっていただきます♪
いろいろ皿
春ですね~。
かわいい蝶々に思わず微笑んでしまいます。。
お茶の時間
黄身餡のそぼろ、
中餡の白小豆、を
ゆっくり味わっていただきました。

包装も、春爛漫♪
包装1包装2包装3
あたたかな穏やかな春が来ますように。


グラジオラスグラジオラス

クリスマスローズクリスマスローズ
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 18:12:38|
  2. これまでの教室のようす
  3. | コメント:0
<<花見団子 | ホーム | きみしぐれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。