おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会津のお菓子

会津といえば『八重の桜』。 
舞台となる鶴ヶ城に行ってきました。
県内の小中学生は一度は訪れるんじゃないでしょうかね、
私も○十年前に遠足で…
山国の小さいお城で戦争が… と思うとなんともぐっときますねぇ。
(すっかり大河ドラマの影響)
そして桜の木がたーくさん!これは春は素晴らしいに違いない!

会津市内は沢山古い家が残っていてお城のすぐそばのこちらのお店もいい感じです。

上菓子司 会津葵。
喫茶室もあります。

「かすてあん」を買いました。

包装もいい感じ。

染絵作家 岡村吉右衛門氏の切り絵、会津玩具がデザインされています。

お菓子の文様は、藩公の文庫印「会津秘府」を写したものだそう。

餡入りのカステラなのです。
ふわふわの生地の中にどうやっていれるのでしょう、不思議。


他にも素敵な、お茶に合うお菓子がたくさんありました。
またパッケージデザインがいいのです。

こちら、「小法師」。
箱や、包装紙もいいのですが、
縁起ものの起き上がり小法師がひとつ入っており、

お菓子も同じかたちをしているのです。
小豆と、白小豆の餡でできていて、お味もいい!

求肥のお菓子「あかべこ」。
この箱がまたかわいくて・・


会津に行かれたら、是非お立ち寄りください♪

スポンサーサイト
  1. 2013/08/21(水) 10:14:26|
  2. こんなお菓子みつけました
  3. | コメント:0
<<源氏巻 | ホーム | 六花亭のお菓子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。