おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

生菓子いろいろ

DSCN0309.jpg
和菓子売り場は気になるのでよく行きます。
ふむふむ、とじっと見るだけ、というときも多いのですが・・
この日は二人とも生菓子を買ってきており集合~♪

やはり目を引くのはこのこでしょうか。
DSCN0312.jpg
薯蕷饅頭製のオバケ。
「スイートゴースト」と名付けられていました。
まっしろつやつやな肌にかわいい顔と手。
ほんのりピンクの頬が愛らしい・・

そして黒猫は「ファニーキャット」。
この曲線や形をつくる職人さんが思い浮かびます・・
DSCN0317.jpg
こちら中をあけてびっくり。
栗餡が入っていました。
DSCN0318.jpg
老松のハロウィン仕様の生菓子たち、
やさしいお味で、たのしくおいしくいただきました。

それにしても・・年々ハロウィンが一大行事になっていて驚きます。。

そして、一番見に行く(!?)率が高い とらや の生菓子。
きんとんは、「秋の彩」。
2色に染められたきんとんが美しい・・
DSCN0313.jpg
「亥の子餅」。
きれいなかたちの亥の子です。
DSCN0316.jpg
旧暦亥の月(10月)最初の亥の日、亥の刻(午後10時ごろ)に
亥の子餅を食べると縁起がいいとされるお菓子、
炉開きのお菓子でもあります。
今年の亥の日は、新暦で11月24日とのことです。

虎屋のお菓子はしっかり甘く、
お抹茶が欲しくなるお茶席のお菓子ですね。

季節を感じる和菓子はいいですね。

スポンサーサイト
  1. 2014/11/01(土) 12:02:55|
  2. こんなお菓子みつけました
  3. | コメント:0
<<栗きんとん | ホーム | 薯蕷饅頭をつくりました♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する