おもたせ菓子研究室‐ただいま研究中

和菓子をつくりましょう、贈りましょう、たのしみましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「練り切りできんとんをつくりましょう」 開催しました

今年最後の教室は、
いよいよ 練り切り に挑戦。
茶席菓子として使われる上生菓子です。

まずは求肥作り。
レンジで簡単においしい求肥が出来上がります。

それを、白餡に練りこんだら、
布巾の上にちぎり広げて粗熱をとります。
ちぎる
もみまとめて、またちぎる・・を繰り返します。
2回目乾かし中・・
かわかし
空気にふれるとだんだん白さも増していくのです。

色付けした生地を、
きんとんこしでそぼろにし、
おはしで中餡につけていきます。
そぼろつけ1
みなさん、はじめてとのことですが、
慣れていらっしゃるような手つきで、
どんどん仕上げていかれます。

とっても自然できれい!な
きんとん。
そぼろつけ2
みなさん、ほんとうにそれぞれ
うつくしいお菓子に仕上がり、私たちもちょっと興奮ぎみ。

今回は、小豆こしあんの練り切りでもう1品つくり、
お持ち帰り箱の中もすてき♪
はこのなか
本格和菓子の出来上がりです。

包装は、練り切りに合わせて、
やさしい色の和紙で包み、水引きで結びます。
今日もみなさんそれぞれ
季節の銘をつけて・・(今日の天気が表れてますね)
包装
きっと ‘おもたせ’に喜んでいただけますね。。

冷たい冬の雨のなか、お越しいただき、
ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/27(木) 21:27:41|
  2. これまでの教室のようす
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なごやめし | ホーム | カレーランチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omotase3.blog50.fc2.com/tb.php/81-b43ead2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。